自分をつくること。

こんにちは。

ずいぶんと長い間ブログを放置していました…。

言い訳はしません。

放置していました。


先日、母が、私が起業したのはかなり意外だったと言いました。


確かに私、超人見知りで初対面は沈黙・・・

みたいな人でした。

(↑これ、なかなか信じてもらえないけど有名な話。)

人といっぱい話すようになったのは今では普通にできるようになったけど、確実に意識的に頑張った成果であります。


 ありがたいことに、「いつも笑顔だね」とよく言われます。

実はこれも意識的に始めたこと。


私は20歳から病院にお世話になるようになり、病院と関わっている間、気分はいつも最悪でした。

みんなが学校に行っているとき、どうして私はここ(病院)にいるのか・・・

まだ若かったし、いつも病院にいるときは暗い気持ちでしたが、病院の職員さんが素敵な笑顔で接してくれると少し気持ちが楽になるのを直に感じました。


その後病状が落ち着き、しかし大学には戻れず中退。

私は病院で少し働くこととなりました。

単純に「いつ倒れても大丈夫」というだけの理由で病院を選びました。


そのとき、自分が通院していることと照らし合わせ、私は笑顔の練習をしました。

患者さんがどんな気持ちで来院するのか、どう接したらつらい気持ちを和らげてあげられるのか。

まずできることが「笑顔の練習」でした。


ナルシストだと思われるかもしれませんが、鏡を見て、自分だったらどんな笑顔で対応してほしいか、いっぱい練習しました。


仕事そのものの勉強はおろそかに、(いけないんですけど)笑顔や雑談の練習ばかりしました。


そんな過去があっての今の私です。


今の私、まだまだ足りないモノだらけですが、過去にしたことは何らかの形で反映されているはずです。


いろんな意味で自分を磨くことは一生やりつづけなければならないこと。


考え方も外見も表情も、「こうありたい」と願い、それに向かうことで自分自身のコンプレックスに対して太刀打ちできると思います。

そんなこと言って私はまだコンプレックスだらけです。

自分を好きになって自分を好きになってもらえる魅力的な自分づくりに力を注ぎたいと思います。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    つちやりえ (日曜日, 31 5月 2015 12:50)

    人生はやっぱり修行ですよね。私もいつも、なんらかの修行をさせられているよいな気がします。楽しいといえないときもあるけど、なんか、人と話していると元気になってしまったり、人から笑顔をいただいて救われるときもあります。.

  • #2

    川合礼恵 (月曜日, 01 6月 2015 22:17)

    つちやりえさん
    コメントありがとうございます。
    本当にそうだと思います。
    修行して修行してそれが幸せになるのだと思います。
    何もしなくていいとき、何もしないことが不幸に感じます。

更新情報

   

 2/28   ブログを更新しました

 1/15   ブログを更新しました

 1/4   ブログを更新しました

 11/30  ブログを更新しました

 11/27  ブログを更新しました 

 11/22  ブログを更新しました

 8/24  ブログを更新しました

 8/16  ブログを更新しました

 

   

 

 

 

      静岡県行政書士会所属

      登録番号 11092076

      申請取次行政書士