介護タクシー事業

こんにちは。

行政書士の川合です。

私事ながら、昨日晴れて30歳となりました。

あっという間の20代でした。

素敵な30代を送れますよう、日々努力して行きたいと思います。

 

 

 

さて、本日は「介護タクシー」について書きたいと思います。

「介護タクシー」、最近よく見かけるようになりました。

 

そもそも介護タクシーとは・・・

高齢者や身体障害者を対象としたタクシーの事を言います。

一般的なタクシーのように道で走っている介護タクシーをつかまえて載せてもらうことはできません。

介護を必要とする方が予約をして利用するというところに一般的なタクシーとの違いがあります。

 

 

「介護タクシー」と一言で言っていましたが、実はこれには二種類あります。

 

①「介護タクシー」

   これは簡単にいえば、普通のタクシーにプラスして介護を必要とする方への

   介護を行うことができる、というものです。

   したがって、タクシー運賃、介護等サービス料金については、要介護者で

   ある、お客様が全額負担することとなります。

   この事業を始めるには「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉輸送事業限定)」

   の許可が必要となります。

 

②「介護保険介護タクシー」

   これは「介護保険が使える介護タクシー」です。

   高齢者や身体障害者が病院に通院するときや、公共機関へ行く時などでタクシー

   を利用する場合、介護保険における給付の対象となります。

   タクシーを利用するお客様は、介護保険法により原則一割の負担でタクシー  

   を利用できます。

   (利用できる方は介護保険法により定められています)

   そしてタクシー事業者は、介護保険報酬を受け取る形になります。

   この事業を始めるには①の「一般乗用旅客自動車運送事業(福祉事業限定)」

   に加えて、「訪問介護事業者」の指定が必要となります。

 

 

2004年の介護保険法改正により介護保険介護タクシーができたわけですが、「介護タクシーは介護保険が使える」と勘違いされている方が多いようです。

「介護保険介護タクシー」は利用できる方は限定されますが、要介護者の金銭的負担も少なく、家族の負担も軽減するといった点で、今後もっともっと活躍していくと思います。

 

 

当事務所の目指すところは「必要な人が必要な制度を利用できる社会」です。

その人のために制度があるのに、その人が利用することができないのでは意味がありません。

介護保険や医療費控除等、利用する人を支援する事業は幅広い範囲で存在すると思います。

 

その一例として介護タクシーについて紹介させていただきました。

介護タクシー事業についてご興味のある方は、どうぞお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

 

 

更新情報

   

 2/28   ブログを更新しました

 1/15   ブログを更新しました

 1/4   ブログを更新しました

 11/30  ブログを更新しました

 11/27  ブログを更新しました 

 11/22  ブログを更新しました

 8/24  ブログを更新しました

 8/16  ブログを更新しました

 

   

 

 

 

      静岡県行政書士会所属

      登録番号 11092076

      申請取次行政書士