韮山城

こんにちは。

行政書士川合です。

実は昨日今日と風邪をひいてしまいました。

今流行のノロではありませんでしたが、喉と頭の痛さにやられてしまいました。

この季節は特に気を付けなければいけませんね。

 

 

さて、先日京都のまちについてブログを書き、歴史的なものを守っていくことを改めて大事に思い、ひとつ紹介をしたいと思います。

 

 

伊豆の伊豆の国市に「韮山町」という場所があります。

(市町村合併により「田方郡韮山町」から「伊豆の国市韮山町」になりました)

私は高校時代、ここに通っておりました。

 

高校の裏には「龍城山」という山があります。

ここが「韮山城」です。

 

1491年、北条早雲が伊豆支配の拠点にした場所です。

「北条早雲」といえば、「小田原城」というイメージがあると思いますが、小田原攻めの前にここを拠点とし、その後小田原、相模、三浦を攻めた時もここ、韮山城からと言われています。

そして、早雲が没したのも「韮山城」です。

 

 

高校生の時、日本史の時間に連れて行ってもらったり、LHRで山に登ったりしました。

大人になってからも何度か足を運びました。

一見ただの山ですが、ここに本丸があった、など考えながら見ると、確かに外から攻めにくい造りになっており、当時の知恵が伺えます。

 

書きだすと止まらなくなりそうなのでこの辺にしておきます…(*^_^*)

 

ちなみに「北条氏」というのはふたつあります。

「北条政子」のときの「北条氏」と「北条早雲」の「北条氏」は全く別です。

(時代も全然違いますよね)

区別するために、早雲のほうを「後北条氏」「戦国北条氏」と言ったりします。

 

ついでに言うと「北条政子」も韮山にゆかりがあります。

「源頼朝」が伊豆に流された時の「蛭ヶ小島」も韮山です。

 

他にも弥生時代の山木遺跡があったり、江戸時代の反射炉があったりと、とても歴史的な場所です。

 

高校時代に印象的だったのが、台風で山がくずれてグラウンドに入ってきたとき、この下は大きな遺跡だから、勝手になおせないんだとおっしゃっていた先生の言葉です。

 

そのとき、なんて幸せなところに通っているんだろうと思いました。

 

歴史を感じられるところでたくさんのことを学べたことを今、とても幸せに思っています。

 

 

このように歴史深い地は全国にたくさんあると思います。

これらを守っていくともに、それを強みとした「まちづくり」や「まちおこし」がもっと盛んになっていくにはどうしたらよいか、今の私たちが考えていかなければと思います。

 

 

 

更新情報

   

 2/28   ブログを更新しました

 1/15   ブログを更新しました

 1/4   ブログを更新しました

 11/30  ブログを更新しました

 11/27  ブログを更新しました 

 11/22  ブログを更新しました

 8/24  ブログを更新しました

 8/16  ブログを更新しました

 

   

 

 

 

      静岡県行政書士会所属

      登録番号 11092076

      申請取次行政書士