「まちづくり」

こんにちは。

行政書士川合です。

 

私事ながら、昨日まで京都へ行っていました。

 

ずっと晴れ女だと信じていましたが、最近、もしかしたら自分は雨女なのではないかと疑い始めていました。

(認めたくはないのですが…)

するとまさかまさかの今季初の京都の積雪に出くわしました。

これはもしかしたら本当に認めざるを得ないかもしれません。

 

 

京都の景色は本当に素晴らしかったです。

有名な寺院や神社はもちろん、町並みのふとしたところに歴史を感じさせるものが多々ありました。

 

 

「まちづくり」は、全国津々浦々、それぞれ違ったものです。

主な方針として、都市化して活性化するところもあれば、歴史的なものを守っていくところもあります。

 

国土交通省では、「まちづくり」の施策として

「景観まちづくり」

「歴史まちづくり」

のふたつを提唱しています。

 

 

日本には「景観法」「古都保存法」「屋外広告物法」など、「景観」や「歴史」を守る法令がたくさんあります。

  これらによって直接いろいろな規制がされるわけではなく、地方公共団体等に「景観を守るために条例で規制していいですよ」ということを定めています。

 

例えば、京都市では、条例によって「歴史的景観保全修景地区」という地区を指定し、建物の新築や模様替えなどをする際に規制をしています。

 

 

しかし、規制をすれば街がよくなるのか、そんなことはありません。

住民や事業者その他すべての人の協力が必要となります。

 

 

今回の滞在でおもしろいものを見ました。

祇園にある「佐川急便」です。

祇園の町並みを損なわない、というより、それを生かした店舗のつくりとなっていました。

 

http://www.sagawa-exp.co.jp/gion/index.html

 

 

その場所の特性を知り、歴史を知り、強みにしていく「まちづくり」が理想とする「まちづくり」ではないかと私は考えています。

 

 

 

 

更新情報

   

 2/28   ブログを更新しました

 1/15   ブログを更新しました

 1/4   ブログを更新しました

 11/30  ブログを更新しました

 11/27  ブログを更新しました 

 11/22  ブログを更新しました

 8/24  ブログを更新しました

 8/16  ブログを更新しました

 

   

 

 

 

      静岡県行政書士会所属

      登録番号 11092076

      申請取次行政書士